[会社案内] [心に残る人] [岩手の郷土芸能] [いわてのまつり] [あちこちリンク] [スタッフルーム]

[滝田 恒男 さん]

詩画集「風の巡礼」

滝田さんの朝はまだ陽も昇らないうちから始まります。朝食をすませ、仕事を始めるまでが自由な時間。朝の澄んだ空気の中で、花巻とその周辺の賢治の原風景を求め歩きます。

花巻の隣、東和町の成島和紙を使い、その場で色を付けて仕上げます。賢治の詩や童話の一節を書き込み、そしてどこかに小さく賢治さん(滝田さんは必ず「賢治さん」と呼びます)らしい人の姿が描かれています。

その素朴で暖かな画のほのぼのとした雰囲気にはファンも多く、店の二階を画廊として開放しています。'95年には初の詩画集「風の巡礼」を出版しました。新しい画集の出版も計画されています。

数年前、滝田さんは友達の力を借りて手作りの山小屋を建てました。 「心浄の森」と名付けられた森には滝田さんと賢治をしたう仲間が集まります。

水車小屋の前で
流木で作る「でくのぼう」
理容たきた

[トップページへ]