青果物等価格安定の仕組

 青果物等価格安定制度は、生産者が、農協・全農岩手県本部を通じて出荷した青果物等の価格が異常に低落した場合、生産者に対し補給金を交付することによって、生産者の経営に及ぼす影響を緩和するとともに、青果物等の安定的な生産振興及び需給調整を行い、安定供給を図ることを目的としています。

青果物等価格安定事業

1:指定野菜価格安定対策事業

 野菜生産出荷安定法で定められている指定野菜を対象とし、価格が低落した場合に生産者に補給金を交付します。

対象となる野菜
重要野菜

キャベツ
調整野菜

レタス

だいこん
一般指定野菜

きゅうり

トマト

ミニトマト

ピーマン

さといも

ほうれんそう

ねぎ

なす
指定野菜価格安定対策事業の説明図
負担割合 生産者
〔重要野菜〕 65% 17.5% 17.5%
〔調整野菜・一般指定野菜〕 標準造成 60% 20% 20%
特定造成 50% 25% 25%

※県・生産者は更に対象青果物・対象出荷期間ごとに100%・70%・50%と負担軽減になる。

2:特定野菜等産地育成価格差補給事業

 指定野菜に準ずる野菜(特定野菜等育成事業)及び野菜指定産地の補完的機能を有する指定野菜(指定野菜育成事業)を対象とし、価格が低落した場合に生産者に対し、補給金を交付します。

対象となる野菜
特定野菜等育成事業

スィートコーン

さやえんどう

ながいも

にんにく

えだまめ

ごぼう

しゅんぎく

ブロッコリー

生しいたけ

グリーンアスパラガス
指定野菜育成事業

にんじん

ピーマン

きゅうり
特定野菜等育成事業の説明図
負担割合 市町村 農業団体 生産者
特別 - 30% 20% 20% 30%
一般

1/3

1/2

2/3の30%

1/2の30%

2/3の20%

1/2の20%

2/3の20%

1/2の20%

2/3の30%

1/2の30%

※一般の下段はスィートコーン・ブロッコリー・グリーンアスパラガス

指定野菜育成事業の説明図
負担割合 市町村 農業団体 生産者
1/2 1/2の30% 1/2の20% 1/2の20% 1/2の30%

3:県単青果物等価格安定事業

 県が特に必要と認めた青果物等を対象として、価格が低落した場合、生産者に対し補給金を交付します。

対象となる野菜
青果物

上記の指定野菜及び特定野菜育成並びに、


みつば

ばれいしょ

たまねぎ

ぶどう

にら

はくさい

いちご

すいか

さやいんげん

かぼちゃ
           
花き

りんどう

小菊

パンジー
県単青果物等価格安定事業の説明図
負担割合 市町村 農業団体 生産者
30% 20% 20% 30%

青果物等出荷促進対策事業

1:補給金交付事業

 指定野菜、特定野菜等及び県単青果物等の価格が異常低落した場合(最低基準額を下回った場合)に、生産者に対し補給金を交付します。

対象となる品目 指定野菜、特定野菜等及び県単青果物等対象品目(※花きは除く)
青果物等出荷促進対策事業/補給金交付事業の説明図

2:需給調整推進事業

独立行政法人農畜産業振興機構が実施する野菜需給均衡総合推進対策事業において、緊急需給調整を実施した生産者に対し需給調整推進費を交付します。

対象となる品目

夏秋キャベツ
補給金交付内容
補給金交付内容 野菜需給均衡総合推進対策事業において、緊急需給調整(産地廃棄等)を実施した生産者に交付された緊急需給調整費用交付金の1/4の額以内を、需給調整推進費として交付します。

果樹農業好循環形成総合対策等事業

1:果樹経営支援対策事業

 担い手の経営基盤の強化及び競争力の高い産地育成の加速化を図るため、産地自らが策定した果樹産地構造改革計画に基づき、担い手や産地が行う優良品目・品種への改植・高接ぎ、条件不利園地の廃園、小規模園地整備、労働力確保のシステム構築費用及び大苗育苗ほを設置する費用等に対し、補助金を交付します。

対象となる品目 りんご及び産地計画で生産振興の対象となる果樹品目
○整備事業
整備事業 内容 補助対象となる経費 補助率
優良品目・
品種への転換
改植 伐採・抜根費、深耕・整地費、
土壌改良用資材費、苗木代、植栽費等

○りんごのわ い化

○なし、及び かきのジョ イント栽培

○ぶどうの垣 根栽培

33万円/10a
主要果樹※1 17万円/10a
上記以外 2分の1以内
高接 整枝・穂木調整費、高接費、穂木代等 2分の1以内
小規模園地整備 園内道の整備 資材費、掘削費、労働費等 2分の1以内
傾斜の緩和 重機リース代・燃料費、均平、法切り費、法面保護費等 2分の1以内
土壌土層改良 重機リース代・燃料費、均平、深耕・整地費、土壌改良用資材費等 2分の1以内
排水路の整備 排水路の整備費(明きょ、暗きょ、貯水槽、排水施設(ホンプ等))等 2分の1以内
廃園 伐採・抜根費、整地費、植林費等 りんご 8万円/10a
上記以外 2分の1以内
用水・かん水施設の整備 揚水施設費、撒水施設費、自動制御装置費等 2分の1以内
特認事業

○園内道の代替施設としての園地管理軌道施設 の 整備

 (施設導入・設置費、資材費、堀削 費等)

○特認植栽(廃園みあいの植栽)

 (深耕・整地費、土壌改良用資材費、苗木代  、植栽費等)

○産地協議会が必要と認める防霜設備、防風設備

 (設置の整備に要する防霜ファン、防風ネット  ・支柱等の資材費、設置費等)

○新植

 (深耕・整地費、土壌改良用資材費、苗木代  、植栽費等)

2分の1以内

※1:主要果樹とは、かんきつ類の果樹、りんご、ぶどう、なし、もも、おうとう、びわ、かき、くり、う   め、すもも、キウイフルーツ及びいちじく

 

○整備事業

 〈1〉労働力調整システムの構築、〈2〉担い手支援・園地情報システムの構築、〈3〉大苗育苗ほの設置  、〈4〉新技術等の導入・普及支援、〈5〉販路開拓・ブランド化の推進強化、〈6〉輸出用果実の生産  ・流通体系の実証があり、この事業に係る経費に対して補助率2分の1以内としています。

2:果樹未収益期間支援事業

 果樹経営支援対策事業により改植(補植改植は除く)、特認植栽又は新植した園地で収穫が得れるまでの期間に要する経費に補助金を交付します。

対象となる品目 りんご及び産地計画で生産振興の対象となる果樹品目
補助率

 5.5万円/10a×4年間=22万円

 

第二産業会館

公益社団法人 岩手県農畜産物価格安定基金協会 〈地図へ→〉

〒020-0024 岩手県盛岡市菜園一丁目4番10号 第二産業会館2階 

代 表:TEL 019-626-8141/FAX 019-654-7313

業務部:TEL 019-651-9634/FAX 019-624-5727

     TEL 019-626-8425