園芸

各制度・事業を通じ、生産者の経営緩和と安定供給を図ります。

果樹の経営対策

果樹農業好循環形成総合対策事業

1:果樹経営支援対策事業

 この事業は、担い手の経営基盤の強化及び競争力の高い産地育成の加速化を図るため、産地自らが策定した果樹産地構造改革計画に基づき、担い手や産地が行う優良品目・品種への改植・高接ぎ、条件不利園地の廃園、小規模園地整備、労働力確保のシステム構築費用及び大苗育苗ほを設置する費用等に対し、補助金を交付します。

対象となる品目 産地計画で生産振興の対象となる果樹品目
〇整備事業
整備事業内容 補助対象となる経費 補助率(額)
優良品目・品種への転換 改植 伐採・抜根費、深耕・整地費、土壌改良用資材費、苗木代、植栽費等 ○りんごのわい化
○なし、及びかきのジョイント栽培
○ぶどうの垣根栽培
33万円/10a
※2
主要果樹 ※1 17万円/10a
※2
上記以外 2分の1以内
高接 整枝・穂木調整費、高接費、穂木代等 2分の1以内
小規模園地整備 園内道の整備 舗装経費、資材費、掘削費、労働費等 2分の1以内
傾斜の緩和 重機リース代・燃料費、均平・法切り費、法面保護費等 2分の1以内
土壌土層改良 重機リース代・燃料費、深耕・整地費、土壌改良用資材費等 2分の1以内
排水路の整備 排水施設費(明きょ、暗きょ、貯水槽、排水施設(ポンプ等))等 2分の1以内
廃園 伐採・抜根費、整地費、植林費等 りんご 8万円/10a
上記以外 2分の1以内
用水・かん水施設の整備 揚水施設費、撒水施設費、自動制御装置費等 2分の1以内
特認事業 ○園内道の代替施設としての園地管理軌道施設の整備
(施設導入・設置費、資材費、堀削費等)
○特認植栽(廃園みあいの植栽)
(深耕・整地費、土壌改良用資材費、苗木代、植栽費等)
○産地協議会が必要と認める防霜設備、防風設備
(設置の整備に要する防霜ファン、防風ネット・支柱等の資材費、設置費等)
○新植
(深耕・整地費、土壌改良用資材費、苗木代、植栽費等)
2分の1以内

※1:主要果樹とは、かんきつ類の果樹、りんご、ぶどう、なし、もも、おうとう、びわ、かき、くり、うめ、すもも、キウイフルーツ及びイチジク

※2:農地中間管理機構又は農地中間管理機構と同様な活動を行っている者と協会が認めた者が行う改植であって、一定の要件を満たす場合にあっては2万円/10aを加算する。

【主な実施要件】

(1)  改植、高接、廃園、土壌土層改良、特認植栽又は新植にあっては、実施面積が1ケ所当たり地続きで概ね2a以上。(自然災害の場合の改植にあっては、支援対象者ごとの合計面積が概ね2a以上)
(2)  園内等の整備、傾斜の緩和、排水路の整備、用水・かん水施設の整備及び特認事業のうち園地管理軌道施設の整備、防霜設備・防風設備にあっては、受益面積が1ケ所当たり地続きで概ね10a以上。
(3)  廃園を実施する場合にあっては、産地計画に定める産地の範囲内における廃園面積と同等以上の面積の果樹園が、原則として廃園の実施年度の翌年度までに、産地内(同一都道府県内の他の産地協議会との間で調整を行う場合にあっては調整先の産地内を含む。)の担い手に集積されること(特認植栽)が確実であること。
〇推進事業
  • 労働力調整システムの構築
  • 果実供給力維持対策・園地情報システムの構築
  • 大苗育苗ほの設置
  • 新技術等の導入・普及支援
  • 販路開拓・ブランド化の推進強化
  • 輸出用果実の生産・流通体系の実証
  • 「産地キャリアプラン」の策定・推進

があり、この事業に係る経費に対して補助率1/2以内としています。

2:果樹未収益期間支援事業

 この事業は、果樹経営支援対策事業により改植(補植改植は除く)、特認植栽又は新植した園地(概ね2a以上)で収穫が得られるまでの期間に要する経費に補助金を交付します。

対象となる品目 産地計画で生産振興の対象となる果樹品目で、かんきつ類の果樹、りんご、ぶどう、なし、もも、おうとう、びわ、かき、くり、うめ、すもも、キウイフルーツ、アボガド、アンズ、イチジク、ギンナン、クルミ、サンショウ、ネクタリン、パパイア、プルーン、オリーブ、マンゴー、やまぶどう、ライチ、ハスカップ及び中央果実協会が承認した果樹

補助率
 5.5万円/10a×4年間=22万円

事業の概要・様式はここから

【果樹経営支援対策事業及び果樹未収益期間支援事業の概要】

果樹経営支援対策事業及び果樹未収益期間支援事業の概要

【果樹経営支援対策事業及び果樹未収益期間支援事業の様式】